ヘルスコーチは、クライアントが自発的に健康にとってポジティブな選択ができるようサポートを提供し、ライフスタイルと行動変容を通して人生の目標を達成できるよう教育し、サポートを与えるメンターであり、ウェルネスの権威である

– Institute for Integrative Nutrition

ヘルスコーチと「管理栄養士」の違い

管理栄養士|厚生労働省指定の栄養士養成施設校で2年以上学び栄養士免許を取得し、かつ、管理栄養士国家試験に合格した者。

管理栄養士は日本栄養士協会に属し、定められたガイドラインに沿ってアドバイスを提供することで一定のサービス水準を保ちます。一方で、個別対応の余地が狭く、従来の栄養指導は個々人のライフスタイルが考慮されることはなく、 病状の改善のためのカロリーや塩分量の管理にフォーカスしており、生活の質の向上は目的ではありません。

公認統合食養ヘルスコーチ|IIN™のヘルスコーチ養成過程で1年以上学び、4回の資格試験に合格した者。
公認国際ヘルスコーチ|公認統合食養ヘルスコーチ資格取得後、国際ヘルスコーチ資格試験に合格した者。

公認統合食養ヘルスコーチが、カロリーに言及することはありません。 食事指導を超えてホリスティック(包括的)なアプローチをとります。それは、「本来のあなたはどんな人なのか」「どんなあなたになりたいのか」を実現するために、体だけでなく心の状態にも留意し、あなたが人生の質を高め、持続可能な健康と幸福を得ることができるよう、ライフスタイルも含め様々な方法を模索することを意味します。

ヘルスコーチと「先生」の違い

「先生」は、自分が持っている特定のスキルや技術を生徒に教えます。そのため手法は統一され、生徒個々人に合わせて変化させることはありません。また、その教えには、模範解答があります。そのため、生徒は自分で考える前に、まず模範解答を知りたがるようになり、そして、様々な問題解決に対しても、模範解答を画一的に当てはめようとしてしまいます。

統合食養ヘルスコーチは、あなたのバイオ個性、つまり、「本来のあなたはどんな人なのか」「あなたがなりたいのはどんな人か」が正解だと考えます。模範解答は、あなたの中にしかありません。ヘルスコーチは、模範解答のない正解をあなたが自らみつけられるよう指導します。

ヘルスコーチと「カウンセラー」の違い

カウンセラーもヘルスコーチも話を聴くエキスパートです。でもカウンセラーとヘルスコーチの話を聴く目的は異なります。

カウンセラーは、クライアントの「過去」の出来事に焦点をあて、現在の問題の原因を探るために話を聴きます。

ヘルスコーチは、クライアントの「」に焦点をあて、クライアントが自らの意志で将来の目標達成に向けて行動できるよう話を聴きます。

プライベート・ヘルスコーチング・プログラム

ヘルスコーチに、あなたのなりたいイメージを教えてください。ヘルスコーチは、じっくりとあなたのお話をお伺いします。